巨石!巨大立石を中心とする丸森町巨石群

hamadas5.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 29日

巨大イワクラ「立石」:丸森町に広がる巨石群とピラミッド本殿と拝殿か! 又、太陽・巨石信仰か!

巨石!巨大イワクラ:宮城県丸森地区に広がる一大巨石群!
隣にピラミッド山(丸森富士)を持つ「巨大イワクラ・立石」
このブログは、宮城県伊具郡丸森町にある、町のシンボルとも言うべき「立石」の存在について取り上げたものである。ある方達は、ボルダータワーとも言っているようである。
ある方はランドマークではないか!と。
地元では名の知れた不思議な巨石である事は確かであるのだが、残念ながら、金華山の天柱石と同様、地元以外の人は、知る人のみぞ知る!程度で゙、イワクラの巨大さ、その素晴らしさについては、広く近隣に知れ渡っている・・とは言い難い。
世間の広さも知らない狭量さを棚に上げるが、事実、50kmしか離れていない同県塩釜市に住む私も全く知らず、たまたま、丸森町にあるハイキング山の「磐岳」「夫婦岩」等へ、巨石探しに登った際、案内図板に、「立石」の名が在り、名前からして、これは、確認しなければ!と思い、登り知ったものである.
                     奇麗なピラミッド山
f0137286_2214666.jpg

立石
f0137286_2262388.jpg
隣の立石山の、巨大に聳え立つイワクラ「立石麓に来て驚いた。遠くからも見えるのであるが、麓から山を見上げると、巨大な「立石」が姿を見せている。短い斜面を登ると、直ぐ目の前に現れた。もう、感嘆である。
完全なイワクラではないか!全国区の規模である!
更に、周りを歩いて、その他の置かれてる巨石が意味を持つものか確認して回った。
東側を見ると、ピラミッドの山は丸森富士と呼ぶが目の前に見える。直ぐ、ここ立石がある立石山が拝殿で、丸森富士のピラミッド山が本殿!などと、リンクする東北のピラミッド山々のブログ掲載者の私の短絡した発想が浮かぶ。

[右の私のエキサイトブログの各項目をクリックすると行ったり来たり出来ます。是非覗いて下さい。]
[尚、巨石やピラミッド山等について、 関心のある方は是非、「イワクラ学会」の「検索」をお勧め致します。]又、[丸森に関する巨石HPの「丸森の巨石伝説」を検索して下さい。]
[PR]

# by yo-hamada5 | 2009-05-29 22:43
2007年 03月 17日

巨大イワクラ「丸森立石」

昭和41年10月5日、宮城県丸森町字泉72-1山林内にある羽入の「立石」が、町の天然記念物(地質鉱物=花崗岩)として指定された。
丸森町の中心街から東南東約2kmの所、羽入東の山の中腹峰上にあり、柱上の花崗岩でできた、高さ12、3m、周囲25、1m、上部は畳10畳敷き位と言われておる、巨大なイワクラ=立石である。
この立石からは、石の回りに弥生式土器の破片や、年代不詳の古銭貨幣が出土していると言う。人々が信仰の対象にしてきた事は間違いない。
又は、信仰の他、ランドマークとして、古代丸森人が、地域を移動し、またそこに戻ってくるための目印として、配置したものか、はたまた元々あったものか!・・・・
2km以上も離れた阿武隈川の橋からも町を通り越し、はっきり見えるのだ。
地元の方は、「今から 50年位前には、脇の松の大木から立石の上に乗り移り遊んだものだ!又、露出している石の形は昔から変ってはいないが、想像するに、埋もれていた巨石が、長い間の雨や雪で、少しづつ周りの土が流れ、露出して来たのではないか!」と語ってくれた。
・・が、果たして、逆ではないのだろうか!もっと巨大で直立していた石が、気の遠くなる年月の間に段々埋もれてしまって、現在の姿があるのではないか!
下の埋もれている部分については地元の方に伺っても不明である。

           立石山の、巨大なイワクラ・立石!
f0137286_1853014.jpg

f0137286_6451180.jpg

f0137286_6452795.jpg

[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 13:13
2007年 03月 17日

立石周囲に配置された巨石群は?巨大ストンサークルか!

巨大イワクラ・立石の周りの巨石群は何を意味しているのだろうか!
            昔から周りの巨石の移動はなく、其の儘の状態との事
f0137286_1313296.jpg

資料によると、大正15年刊の伊具郡誌には義家の敵将である安部貞任がこの石上に立ったと、記されており、又、安永8年(1779年)の伊達藩の国勢調査とも言うべき「風土記御用書出」にも、名石として書かれており、源(八幡太郎)義家が、部下の士気を高めようとして、この立石に登り、松掛の的石をめがけて弓を射ったと記されるなど、古くから注目されて来たものである。

ネット「丸森の巨石伝説」(地元丸森の「金龍山瑞雲寺」のHP)を開くと、巨石名「立石 日本一の道祖神」に、超お宝写真が掲載されていた。瑞雲寺村上明秀副住職が「超貴重!私の家にある立石の昔の写真」として掲載されていたものをお借りした。
どうですか!はっきりその姿を拝む事が出来るではないですか!
f0137286_2131892.jpg

立石の周りを取り囲む巨石はストンサークルではなかったのか!図を起こしてみると益々そう思うのであるが如何であろうか!
f0137286_21281422.jpg

[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 13:01
2007年 03月 17日

立石周囲の不思議な巨石!太陽・巨石信仰もあった!

立石の真下周囲の配置された巨石の他にも、西側の峰沿いに少し足を延ばすと、磐を利用して置かれた、羽山大権現の祠があり、脇には、ドルメン崩れのような石組がある。
立石との絡みが考えられる。すぐ近くに、日立十王の堅破山の太刀割石と酷似した巨石も見えるが自然のなせる業であろうか!。
                ドルメンか!
f0137286_130153.jpg

                     祀られている羽山大権現
f0137286_1302711.jpg

                茨城県日立十王の堅破山の太刀割石と酷似
f0137286_1303797.jpg

始めて「立石」を間近で見た時は、岩手県遠野のドルメン・続石と同様、衝撃的であった。
興奮冷めやらず、下山すると、その部落名が何と、飛ぶに絡む「羽入」(はにゅう)である事にも絶句であった。
地図を見ると7km西には、[羽入]に対峙する「羽出(庭)」(はで)の部落名がある。
その後も幾度となく登り、近辺の巨石の絡みや、地元に数ある羽山や昔からの伝説等の謎にのめり込んで行くのである。

丸森小富士の尾根の左に少し行った所の下にこの重ね石がある。横からと正面からの写真である。              横からの写真である。            
f0137286_16204832.jpg

                 正面下から撮ると一個の岩である。
f0137286_16232441.jpg

重ね石全体では、幅約3、8m、高さ約9mもある。
当然ながら、一つの巨岩が何段にも割れたに過ぎないと言われるだろう・・・・。
しかし、この5段の重ね石は不思議な巨石に思えるのである。
どうも人工?臭いのである。
人工と言うと誤解を受けるが、自然石を利用・加工し目的に利用したのではないかという事なのである。その目的とは、太陽信仰や巨石信仰の為ではないか!
上二段目には人の手が加えられた様な部室が在り、奥行き内部は約4mの空間になっているのである。これも自然の成せるものだろうか!
 
これは一番上段の石から2段目のその部屋の入り口を上から覗き込んで撮ったものである。
足元の一番上段の石は、当然屋根に該当する。
屋根は奥3、3m×幅2、4m×高さ0、9m位のおむすび状で凡そ3~5トン?ある。
f0137286_16244744.jpg

部屋の奥行きは若干下り勾配になっているが4m、幅は奥35~入口60Cm、高さ125Cm程ある。2人が充分に寝られるスペースである。
f0137286_16263334.jpg

撮影日は冬至!である。その部屋から沈み行く太陽が・・・見える。
後2時間もすれば沈む太陽の光がこの部屋に差し込んで来るだろう!
f0137286_16272866.jpg

この部屋から正面を見ると、その先には、「立石」が見えるのである。
                重ね石から見える、丸森「立石」遠景
                       部屋から
f0137286_16283117.jpg

急いで、対面のその「立石」に行ってみると、沈み行く太陽が見える。先程の重ね石の部屋には光が差し込んでいるに違いない。
                冬至に、沈む丸森の「立石」
f0137286_16291556.jpg

                かつて調べた丸森立石脇の斜面石
f0137286_1630627.jpg

かつて、立石の右脇に鎮座する30度角のこの斜面石について調べたが、仙台天文台担当官が「・・・この面がある方向は!即ち、冬至に沈み行く太陽を向いている!」と、教えてくれた。
不思議である。冬至の太陽→立石(及び斜面石)→重ね石洞穴が一直線でつながるのである。
古代人は、沈み行く太陽を眺め!冬至を確認し、太陽神と立石に宿る神を、ここ重ね石から拝んだに違いない。太陽信仰と巨石信仰である。・・・
ただ、やはり、時として想像を絶する自然の成せる業に、驚異や不思議さをいつも思い知らされ、躊躇してる何かがある。与太話でなく、極めて真面目に推測したのだが、さて皆さんはどう思われるであろうか!

重ね石の近くには、見るものを圧倒するいくつもの巨石が存在する。
羽山に向かう
尾根右下には、自然の成せる達磨石、笠石、等の巨石群が存在する。
金龍山瑞雲寺村上副住職の「巨石リスト」・No3の「小富士山巨石群」では、重ね石を「芋虫岩」と言い、この林立する立石を「グッジョブ岩」と名づけておられた。
f0137286_1631737.jpg

                    達磨石
f0137286_1639697.jpg
                     笠石                     
f0137286_1634077.jpg
 
又羽山には重ね石、台座に乗ったような垂直壁のメンヒル状巨石、割り石などの巨石群がある.
(割愛)                
[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 12:49
2007年 03月 17日

松掛の「的石」

       松掛の的石がある山
f0137286_12441351.jpg

松掛の的石というのは、立石から6、5km、北西330度にある山の巨岩・巨石がある所で、村名の由来にもなった所である。
既述の、安永御用書出にもこの由来が記されているとの事。写真は的石の巨石である。
磐の上にただ、自然に置かれているようだが、立石との絡みは果して伝説だけだろうか。
弓で射る伝説にしては立石から6Km以上も離れているのにも拘らず、何故そんな不思議な伝説が生まれたのであろうか!
             伝説上、立石から射られた巨石的石!
f0137286_12473385.jpg

f0137286_1246542.jpg

[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 12:19
2007年 03月 17日

笠島の「立石」

羽入の立石から、北西320度、約11km地点にある、地名になっている角田市立石地区の笠島の「立石」である。羽入の立石と同様、これも巨大なイワクラに違いない。
高さ10m、周囲~30m~程の,この立石は、角田~白石間を結ぶ最短の道筋で、分かれ道には「右白石左大倉村」と刻まれた寛保3年(1743年)の道標が立っている。
又、この立石は、権現堂山の麓に位置するところに在り、如何にも意味ありげである。しかし、配置された如くの石があるから権現堂が祀られたのであろう、逆であるのだが。
             立石地区の笠島「立石」あたかも配置された如くである。
f0137286_705779.jpg

             メインの立石である。
f0137286_2116235.jpg

             立石の隣の小さな石と言えど、下の写真の通り大きな
             石なのである
f0137286_21162686.jpg

             高さは10m、周囲~30m~もある。整地前の立石だから周りが見えなかった。
f0137286_12185098.jpg

[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 12:04
2007年 03月 17日

東向きの巨石

羽入の立石山の並びで、南2、5kmの「東向山」の頂上付近に、巨石が点在する。
東向山は、通称、重箱山とか、大高松(山)と呼ばれている。
大分昔に、地元の所有者達は、課税されるのを嫌がり、所有権を放棄して、入会権のみを確保して官に移管した山だそうであるが、見事な不思議な巨石なのである。
私には、自然に出来たものとは到底思えないのだ。
現在この山に登ろうとすると、地元の方も、「昔は登れたが、今はもう駄目だ!」と語っていた通り、初めは藪・藪の連続であるが、諦めずに登れば、その内植林した木々に変わるので先は何とかなる。

                東向(通称、重箱山、又、大高松)の巨石
f0137286_1518259.jpg

伐採木運搬の為、上部が落とされてもこの通りの巨大さ、不思議さ!これが、自然のなせる業だろうか!
f0137286_15192022.jpg

f0137286_1223368.jpg
f0137286_684465.jpg

[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 11:46
2007年 03月 17日

磐岳のピラミッド&山守りスフィンクス?

磐岳は羽入の立石の南南西200度、6、5km地点にある。
水と緑と奇岩の織りなす自然博物館は、阿武隈渓谷県立自然公園の中にある。
磐岳標高430mの低山である。
超古代は、海底にあって隆起したものと考えられている。
因みに、近くに、「鷲の平」と言う山があり、これに隣接する、福島県の霊峰「霊山」と地質が同じで、頂上には、岩に貝殻が付着していて通称、いぼ石と呼ばれている山もある。
磐岳には、山頂にかけて、写真の様に、崩れかけたようなピラミッド?や山守りの為の2体のスフィンクス?と思われる巨石がある。又、方位石とも思える石も存在する。
当然ながら、ピラミッドとか、山守りのスフィンクスとかの見解は、のめり込む私だけであるが、人の手が加えられないとするなら切られた石・方位石は何と説明されるのであろうか!

             磐岳の「組石」ピラミッド?       
f0137286_11383043.jpg

             磐岳のピラミッドを守る2体の山守りスフィンクス?というと笑止か?
f0137286_1139333.jpg

               方位石と思われる石がある。明らかに人工?
f0137286_11422677.jpg


このように、羽入の立石を中心とし、伝説の的石、笠島の立石、東向巨石、磐岳の組石などの巨石ゾーンは、我々に、何かを訴え掛けて来ている気がしてならないのである。
[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 11:26
2007年 03月 17日

伝説は事実の投影ではないだろうか!

★「羽山」は信仰の山だけか?
丸森町には、「羽山」と名が付く山が11箇所もある。
ハヤマとは普通、羽山、端山、早馬、麓山、葉山、飛山などと書かれるが、奥山に対する端っこの山の意味である。里に近い山、裏山になるわけである。
作物神としての羽山信仰から来ているものが多いと考えられる。
地元の古老に尋ねて教えて貰ったが、人は死んで霊となり、3年の間は家の周りにいて家を守り、3年過ぎると羽山に行き、33年過ぎると霊界に上る!と言われているそうである。
従って、部落を見下ろす所に、羽山があり、夫々の部落に近いところの羽山が自分達の行く羽山である所から、信仰の為と言われている山なのだそうだ。
が、果たしてそれだけであろうか!全部がそうだと言い切れない山も存在するものと思われるのだ。古代、山に何かが飛んできて…その謂れが「飛ぶ山・即ち羽山」になったのではないか!その伝説がある。

★石羽街道
東向山(重箱山)麓の道路付近から、県道十文字に至る細い道路がある。
石羽街道と言う。そこに古石碑が並んでいる。石碑は墓ではなく全部が祈祷碑である。
丸森にしかない一代塔5基、庚申塔、足尾大権現、など34も並んでいる。
信仰の厚い土地柄である様だ。かつて口伝されて来て、信仰に走る原因となった出来事か、何かがあったのではないか。
立石にまつわる出来事か、「石羽」の由来に起因するのではないかと思う。                           
地元古老に、石羽街道の謂れを尋ねたら、言い伝えでは、「大石が飛んで来て、川に刺さり、川水が堰き止められて、水路が曲がり、そこが「曲がっ淵」となり、この街道を石羽街道と言う事になったとの事であった。

                石羽街道にある石碑(祈祷碑)群。       
f0137286_11255855.jpg

                飛んできた石が川に刺さり水路が曲がった「曲がっ淵」 付近
f0137286_11254100.jpg

[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 11:16
2007年 03月 17日

事実の投影か!謎多い巨石にまつわる伝説!

丸森町には巨石(または石)に関する伝説が数多くある。勿論何処の町にも少なからずあるだろうが、その町の口伝や文献がしっかりしているからに他ならない。
伝説は実際にあったことの投影である事が多いと言われる。
争いの勝敗は、歴史の、伝説の中身を変えたりして行き、勝者の歴史は文献として脚色され、敗者の歴史は口伝されて残る。

丸森の石に関する伝説を項目だけ列挙する。
 ◎羽山と立石の大石同士の猛喧嘩
 ◎神明社、ご神体は光を放つ夫婦石
 ◎八幡太郎義家が的にした松掛の的石
 ◎弁慶が馬術を試した時の蹄の跡「馬蹄石」
 ◎慈覚大師勧請の不動尊と神滝(大岩)
 ◎魔除け石が守る袖五郎屋敷の神楽石
 ◎筆甫の武士淵と鎧石
 ◎宮城の遠野、神々が住む磐岳の天狗
 ◎鷲の平のいぼ石巨岩
 ◎手長足長神の鹿狼山の硯石                          
 ◎弁慶の入道崎の足跡             
 ◎水中の大石、姥石     
 ◎いかさまばくちの制裁で女が石と化す、ばくち石とゲエル石
 ◎館矢間地区の坪石
 ◎大猪退治の由来、皮張石と砥石
 ◎悲恋物語大岩の二又石(流れ石)                       
 ◎頼朝も驚いた合図の山、旗立て石                      
 ◎切付けられて泣き止んだ大石、ホイホイ石
 ◎にわか堰、潜り岩と猿ぱね石
 ◎諏訪大明神迎えの牛石……………………などである。
[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 11:13
2007年 03月 17日

伝説とUFO?との繋がり!

巨石に係る伝説も、羽と言う言葉に係わる地名などについても、それはそれで理由があり、かつて、何か口伝される事実があったと推定される。
ふるさと伝説によると、

◎ 羽山と立石には、次のような伝説がある。
[…羽山と立石は大空を貫くほどの大石であった。お互いに勢力争いを始め、ついには火達磨の大喧嘩になってしまった。火花を散らす様は、遠くの里から見ても夜でも昼のように明るくまるで、雷が鳴ってるように凄かったと言う。ついに、羽山の方が半分位飛ばされてしまった。
羽山の大石は怒り、火の玉となって立石に体当たりをした為、立石の半分は東の方を削り取られ、山の下へ飛んでいった。…]
巨岩巨石は信仰の対象とされていたので、立石信仰と羽山信仰の氏子、信仰圏の争いの投影と見ているようだが、この描写が、単なる勢力争いの口伝であろうか!

◎ 羽山、本当は鎌倉山という山に祀られている、羽山神についての言い伝えがある。
「…金持ちの家に、働き者の飯炊き女がいた。大凶作になった時、死者が多数出た。
その時、飯炊き女が、日ごろから自分が蓄えていた米、麦等を村の人達に上げてくださいと
差し出した。多くの村人が飢えをしのぐことが出来た。飯炊き女は、自分の分まで与えたので、身体が弱り死んでしまった。この時、遠くの方から、白い雲が下りてきて、飯炊き女を乗せて、南の方へ飛んでいった。村の人が追いかけて行くと、鎌倉山に、その雲が下りたので、この山を作物の神、羽山様として祀るようになった」と言う。

◎ 大内地区の東方に、三角の山容が素晴らしい鹿狼山があるが、「…海で死んだ人の霊魂が火の玉となって山頂に集まると言われ、その火の玉を“モウレン”と呼んでいる。…」

◎ 更に、阿武隈川猿跳ね石付近の大巻淀の中に、夜になると光を放つ物体があり、拾い上げて川原に立てて置いた所、同じ場所で、又光るものがあり、潜ってみると同じような石があった。これを夫婦神として、神明社に祀った。 

◎既述の石羽街道の由来項から・・・「大石が飛んで来て、川に刺さり、川水が堰き止められて、水路が曲がり、そこが「曲がっ淵」となり、この街道を石羽街道と言う事になった。

このように、丸森には、火花を散らす、昼のように明るい、雷が鳴ってるように凄かった、雲に載せて飛んだ、火の玉が山頂に集まる…又、石が飛んで川を堰き止めた、等、光とか、飛んでいく話とかが数多くある。
このような伝説は、 実際、例えば太古、立石山に光る輝く物体(UFO?)が立石に飛んできて、それに遭遇し、目撃した人達が、何代も何代も語り継ぎ、それが残った事実の投影かもしれない。因みに、UFOが頻繁に目撃されている福島県飯野町の千貫森付近も、ここから、眼と鼻の先、僅か、35kmしか離れていないのである。
[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 11:11
2007年 03月 17日

最後に

このブログは主として、立石の提案になっている。
現時点では、まだまだ確認に届かず、体系的な纏めが出来ていないので、今後確かなものにして行かなければならないと痛感している所でおる。
又、文中触れなかったけれども、神社の類でも、延喜式、且つ、陸奥国100座にあり、延喜よりも更にずっと遡る時代の鳥屋嶺神社(とやのみね=焼失後再建)に、「鵜葺草葺不合命」(ウガヤフキアエズノミコト=神武天皇?)が主祭神として祀られ、ヘブライ人?と信じて疑わない猿田彦も祀られている事に驚く。
この神社の南側正面に見えるのは、立石山の「立石」であり、往古より、信仰の対象であった事も確認できるのであるが、果たしてそれだけであろうか!謎解きは尽きない。

               [鵜葺草葺不合命」が祀られている鳥屋嶺神社
f0137286_113881.jpg


このブログを開かれた方々は、是非一度、宮城県丸森町の立石山や磐岳等に登り確認される事をお勧めするものである。
又、丸森町斉藤助役さんと色々話をさせて頂き、立石や巨石の丸森についての宣伝やPRやその保存についてお話した経緯があるが、立石の案内看板やあちこちに立っている標柱が立派になっていたのには感激した。外部の者の話を聞いて即実行して頂ける丸森は流石!と感じ入った。

参考引用文献:(伝説他については、丸森町文化財保護委員会、丸森町文化財友の会、共著「ふるさとの伝説」等による。)       
[PR]

# by yo-hamada5 | 2007-03-17 10:55